Pick the right color for your website

Recently, we developed a feature that allow user to change color for their goals. It allows user to recognize different types of goal in their quarter or in the same team easier. However, the hard part is which color should be used?
Bootstrap has 5 colors, which is called Primary (blue), Success (Green), Warning (Orange), Danger (Red) and we are already used these colors to show the progress of user in the progress bar. We have to pick different colors.
 color-post-original
So, requirements are:
  • Good for white text.
  • Good with current bootstrap color, harmony with same kind.
  • Playful.
So, why some colors are harmony well together? Basically, before custom picking color, we must understand the color concepts & terminology. These are the basic ones :
  • Hue is color (blue, green, red, etc.).
  • Chroma is the purity of a color (a high chroma has no added black, white or gray).
  • Saturation refers to how strong or weak a color is (high saturation being strong).
  • Value refers to how light or dark a color is (light having a high value).
  • Tones are created by adding gray to a color, making it duller than the original.
  • Shades are created by adding black to a color, making it darker than the original.
  • Tints are created by adding white to a color, making it lighter than the original.

 480px-Munsell-system.svg(Munsell Color System: CC BY-SA 3.0, wikimedia.org)

The rule I follow is:
  • Similar saturation will be harmony well.
  • High saturation will stand out before white.
  • High shade colors stays good with low shade colors.
Analyze Bootstrap colors, I have:
Primary: 006DCC (RGB 0,109,204)
  • Hue: Blue
  • Saturation: Very high
  • Shades: High
Screen Shot 2016-03-13 at 7.51.49 PM
Bootstrap color

Success: 5BB75B (91, 183, 91)

  • Hue: Green
  • Saturation: Medium
  • Shades: High
Warning: FAA732 (250,167, 50)
  • Hue: Orange
  • Saturation: High
  • Shades: Very high
Danger: DA4F49 (218,79,73)
  • Hue: Red
  • Saturation: Medium high
  • Shades: High
Info: 49AFCD (73,175,205)
  • Hue: Blue + Green
  • Saturation: Medium high
  • Shades: High
Exclude the Primary colors, other colors have similar Saturation, which make them harmony well. In order to pick 4 extra colors, there are few options:
1. Reduce shades:
Because Bootstrap color shade is already high, so we can reduce shade of them to make them stand out with Bootstrap color. Notice on the color wheel, the color positions are the same, but the shade is darker. It fits all requirements but the playful.
2. Increase saturation of Bootstrap colors:
Increase the saturation of existing color will create next ones those are harmony. Moreover, different hue with high saturation will create a playful feeling for website. Notice on the color wheel, the color position moved farther from the center. However, the saturation of Bootstrap colors already high so it’s very hard to distinguish with the news colors.
3. Change hue, keep similar saturation:
Similar saturation may make color set seem unify. Notice, the radius of color in the wheel are similar to Bootstrap color. So far, this is the best solution to me. It fits all requirements. However, there is a feeling that it will create too many colors on the website.
We can still do better by changing other components like text colors, progress color and so on, but they are not in the scope of this blog. I just hope this post can provide some useful solution if you have trouble with picking color for your website.

新しいエクスペリエンス・イノベーション

昨日は横浜DeNAベイスターズのホームゲームとしての開幕試合。昨シーズンは前半戦1位で折り返したものの、最終的には最下位に沈んでしまったベイスターズ。昨日はひさびさの試合観戦に行ってきた。

そこでお披露目されていたものとして、IT企業が親会社になっているだけに、新しいエクスペリエンスをファンに提供しようという試みがある。それが、360°ベイスターズ。

http://www.baystars.co.jp/360/

 

360度カメラをスタジアムに置き、それをVRデバイスで観れるというものだ。試合前に長蛇の列ができていたため残念ながら体験することは出来なかったが、このYoutubeの映像でもマウスでぐりぐり動かせる。

これは、シートノックなどの練習の時のものだが、今後いろいろなシーンで利用できるようになることを願いたい。

例えば、試合で投球するボールにカメラを埋め込む。打者のヘルメットにカメラを埋め込む。守備をしている人などなど。

常に顧客を飽きさせないために、新しいエクスペリエンス、イノベーションを取り入れることはサービス・プロバイダーとしては重要なファクターである。

信頼

信頼とは、ビジネスをしていく上で一番優先したいことだ。

信頼を構築することは時間がかかる。また、すべての人とできるものではないかもしれない。

また、信頼が崩れるのは一瞬で崩れることもある。

例えるならば、骨董壺のようなものか。

信頼があるからこそ、苦楽を共にし、ここぞ!いうところで踏ん張れる。お互い助け合える。

もし、「信頼できる人だけど不器用な人」と、「信頼はできないけどすぐに自分のビジネスに強力なサポートをしてくれる人」の二人の場合、私なら、前者の人をパートナーに選びたい。

Install Windows 10 for Raspberry pi 3

March 2016 In, The IoT Community Around The World Witness The Birth Of Raspberry Pi 3. In This Version,   Raspberry Pi 3 Have An Impressive Configuration With A 1.2GHz 64-Bit Quad-Core ARMv8 CPU, 802.11N Wireless LAN, Bluetooth 4.1, Bluetooth Low Energy (BLE). Raspberry becomes a tasty dish for IoT Community.

Note: This guide uses for Raspberry pi 3.

You have to repair:

– A Raspberry pi 3.

– A microSD 8+ GB.

– A computer uses Window 10.

Step 1:. Because Windows 10 IoT core for raspberry 3 just only have the Core Insider Preview version on the newest build, you can not follow the install guide on Raspberrypi.org This is the way for download Windows 10 Core Insider Preview manual.

  1.  The Most Recent Download Insider Preview Image Http://Ms-iot.Github.Io/content/en-US/win10/GetStartedManually.HtmL
  2.  Click the desired image under the “Windows 10 IoT Core Insider Preview”.
  3.  Find the downloaded .ISO and double click on it.
  4. Double click the Windows Installer Package (.MSI) and follow the installation steps.

Step 2: repair your microSD card.

  1. Click  Http://Ms-iot.Github.Io/content/en-US/GetStarted.Htm  And Download Windows 10 IoT Core Dashboard-> Install.
  2. Click “Set up a new device”. Once there, select “Custom” from the “Device type” drop down. Click the “Browse” button to find your image (.ffu)
  3. Navigate to “C: \ Program Files (x86) \ Microsoft IoT \ FFU \ DeviceType” and select Flash.ffu.
  4. Click “Install”. Note that you must have a compliant SD card to successfully flash. We recommend a Class 10 SD card with a size of at least 8 GB or more. Once done flashing, you can remove the SD card and plug it into your device.

Step 3:. Put your microSD card into Raspberry pi 3 and connect with a monitor Turn it on and enjoy.

finish

Common Errors:

error:. error executing partition setup script win 10 IoT The reason is using NOOBS.

error:. can not boot OS image Usually, the reason is install the wrong build of OS, may be a OS for Raspberry pi 2.

“Install Windows 10 for Raspberry pi 3″の続きを読む

ゼロへのリセット

2016年3月13日、

先週の日曜日のことです。寒風の通る中、早朝より、横浜マラソンに参加しました。

合計2万5千人参加のフルマラソンです。海外からも参加している人が居て、国際色豊かなマラソンでした。

私は、今回で3年ぶり11回目のフルマラソンへの参加。前回の古河はなももマラソン(2013年3月24日)以来のマラソンです。その2012年冬〜2013年春のシーズンは、市民ランナーの一つの目標であるサブ4(4時間切り)を達成し、ある意味目標を見失っていた時期でもありました。サブ4を目指している時は、毎週のようにジョギングを行い、フルマラソンの試合に向けての体の調整も意識していました。また、夏は得意のサイクリングで鍛え、体重のコントロールもするなど、万全の体を作って挑んでいたのです。

サブ4達成

2012年11月25日の第1回富士山マラソン(旧河口湖マラソン)で3時間57分44秒を達成してから、自己満足感に浸ってからか、次の目標設定を失念していたのです。目標を見失い、練習もおろそかに。古河はなももマラソンでは、途中で失速。完走はしたものの、4時間20分台と不甲斐ない結果を記録したのです。

フルマラソンを辞めようか?

古河マラソン以降、フルマラソンへの気持ちが向かず、一時は辞めようかということも考えるようになりました。自分が誘ってフルマラソンを走るようになった人には申し訳がなかったのですが、フルマラソン、なんでフルマラソンを走っているんだろう?と、そもそもの目的も見失いかけていたのです。Why? Why? Why?

思い立ったが吉日、横浜マラソンへの参加

そんな心境でしたが、職場の仲間も走るということで昨年9月横浜マラソンに申し込みをしました。どうせ落ちるだろう。そう思って応募したのですが、予想を裏切り、当選。当選したからには走ろう。そう開き直って走ることを決意しました。

走ることを決意したものの、Why? なぜフルマラソンを走るのだろう?ということは忘れたままでした。

It’s time to start

気がついたら、フルマラソン前日。まともに3年間走っていないこの体。それまでにしたことと言えば、ウォーキングと自転車通勤ぐらい。フルマラソン11回目ということもあるので、辛いポイントは理解している。今回は死なないことを優先し、ペースはサブ4目指していた時の5分/kmペースではなく、6時間ギリギリの8分/kmを設定。最悪競歩でもなんでもいい。

そしてスタート!!

スタート後、死なないことを優先するため、なにかあったら止めよう(止めるのも勇気)と思って、走っていました。が、意外と調子がよく、最初の10kmは6分30秒/kmペース。まともにランの練習もしてないのに10km走り切ったよ。すげーと思ってました。ハーフ21kmに達すると筋肉がついてこなくなりトータルで7分ペースに落下。しかし、ここでもハーフ走れた、すげーっと。

30kmでは、ほぼ予定の6時間ペースにまで落ち込みました。走っているというより、足踏み体操しているのに近い。

走れる喜び

その走っている中でも、喜びがありました。沿道からの応援。周りの人との並走。沿道の人からのハイタッチ。その時は辛さを忘れ、気分は高揚し、本当に気持ちがよくなります。楽しい。そう思えました。

35kmの突然の終了宣告

フルマラソンには制限時間があり、通常の市民マラソンは6時間ぐらいが設定されています。(横浜マラソンは6時間半。東京マラソンは7時間)。私が35kmを過ぎようとしていた時、その時がやってきました。スタートが号砲から25分後ということもあり、6時間ギリギリのペースでは関門制限時間にかかってしまうのです。そこで、突然の終了宣告。体はまだゴールをめざそうとしていたのに。

悔しい。ただ悔しい。それだけ。

しかし、私は回収されたバスの中でふと思ったのです「なにが悔しい?」スタートの前にこのマラソンでそう思う自分は想像もしてなかったよね?なのになぜ悔しいと思ったのか?

走る目的を見出す

沿道の声援を受けて走ている快感、マラソンを楽しむということ。いままではタイム命だったけど、周りの人と一緒に走って共に楽しむこと。そういうことを気づかせてくれた大会でした。私にとってのマラソンは「健康な体を楽しむこと」。健康な時にしかできないことなのかもしれませんね。

ゼロへのリセット

以前は”サブ4を達成する”と”人生100回フルマラソン”というトンデモな目標を設定していました。なので1つの目標(サブ4)を達成してしまった後、燃え尽きて、このような不甲斐ないことを招いたのかもしれません。いまはっきり目的を見定めたことを機に、目標も新たにゼロにリセットして現実的な目標に設定すべき時なのです。

次の目標は5時間を切って完走すること。期限は来シーズンのフルマラソンで。そのために、毎週、毎月練習と体のコントロールをしていきたいと思います。

目標の先には目的がある。目的を見失わなければ人は続けられる。

 

Which Wireless Technology for Smart home?

The IoT revolution has never been this close. Almost every big technology corporation has joined the race. And one of the most attractive trend is the Smart House. It implies the fact that you can connect all of the devices and control, track them easily from . distance Along with the development of transmitting technology, the speed is getting faster and the bandwidth is getting bigger, we now must answer the question: Which technology suits our Smart house the most?

As well as the other electronic systems, devices within a smart house need a protocol to communicate with each others. It is simply a group of common behavior in an information channel like human’s language or the voice of a bird. Every protocol I mention below all have their pros and cons. They can give you an idea about the technique you should use in your own smart devices. This article is just for reference and will not go into details about technology.

X10

X10 is a protocol for communication among electronic devices used for home automation (domotics) .It primarily uses power line wiring for signaling and control, where the signals involve brief radio frequency bursts representing digital information.A wireless radio based protocol transport is also defined ( wiki).  It IS the first Protocol for Automatic Devices Appeared in 1970s, it the uses Wires and not BE Seen much lately.

Insteon

Insteon is a home automation (aka domotics) technology that enables light switches, lights, thermostats, leak sensors, remote controls, motion sensors, and other electrically powered devices to interoperate through power lines, radio frequency (RF) communications, or both (Wiki ). It  IS a wired or Wireless Protocol. In CAN BE linked with the X10.

Z-Wave

Z-wave is a wireless protocol working in the frequency of 908.42 MHz. This is a new technology and has been developed rapidly in the last few years. The Z-wave alliance had produced many different kind of devices that can connect with each others. It gives users more choices. The salient feature of Z-wave is the web-alike system. It helps the system to have maximum expanding potential with low cost of energy, suitable for devices that use batteries.

Zigbee

ZigBee is developed based on 802.15.4 wireless standard. As well as Z-wave, ZigBee had developed rapidly in recent years. This is an open source technology and there are many company using ZigBee technology. ZigBee costs very few energy as well as using web-alike system to expand and communicate faster. However, there are users complaination about the hard-to-connect problem between ZigBee devices.

Wifi

Ofcourse, wifi is very popular now and there are many smart devices using WiFi technology. But it has a weakness, that is network problem. When there are too many devices using wifi in a house will slow down its speed. And wifi costs a lot of energy which makes it unsuitable for batteries-use devices like door lock or door bell.

BLE

BLE is Bluetooth Low Energy, a new Bluetooth standard which helps users economize their cost of energy. It has become a trend in recent years and received big investments from big enterprises. There are more and more devices using BLE appeared because of its energy saving and transmitting ability up to 100m in empty space, wide bandwidth which is suitable for devices within a house.

Finally, I hope this article can give you an overview about the techniques that being used in smart houses. And I hope you can choose for yourself the most suitable technique.

 

 

Life is short.

こんにちは。今日は「人生は短い」という題名で書いてみたいと思います。

実際人生って何日ぐらいあるのでしょうか?大体の平均寿命が80歳と考えると、80年x365日=29200日。約30000日ですね。赤ん坊として生まれ、最後の日までが約30000日と言わると、なんだか本当に短いですね。

また、実際自分が今何日生きてきたのか?と計算してみると、私自身、今年で41歳なので、約半分の15300日を生きてきたということになります。

仕事が満足にできる年齢というとあと10年20年ということになれば、約4000〜7000日。この日数の中で自己のやりたいことを実現していくということになります。だんだん窮屈な話になってしまいましたね。

Life is short.

本当に短いと認識できますね。実際にはこの日の中には休日もあるとなると、もっと働ける日というのは少ないわけです。本当に好きなことを仕事にしている人であれば、土日も仕事というか自己実現に少しでも近づけるようになにかやってみたいという気になってしまうのも無理ないでしょう。

一方、スティーブ・ジョブズの有名なスピーチの中では、彼は、突然のがんの宣告を受けたエピソードを話していますが、その中でこのような話をしています。「毎朝、鏡に向かって自分の人生が今日で終わる場合、今日は満足の行くことで満たされているだろうか?とチェックするべきだ。それがノーという日が続くのであれば、自分の何かを変えて行かなければならない。」

自然にこのようなことができる人はなかなかいないと思います。けれども、人類が地球に誕生してから今まで、死なない人が居ないように、誰もがその日を迎えるのは明らかです。

私もあなたも、町中で行き交う人すべてが意味のある人生を送っています。自分の人生、何のために、何をしたいのか?もっと考えて行動に変えていきましょう!

という話を、本日の就職セミナーで話をしました。少しでも彼らの進路に役に立てれば幸いです。

 

株式会社zabuton、はじめました

kitano少し報告が遅くなりましたが、2016年2月10日に新会社 株式会社zabutonを設立しました。改まった気持ちに浸っていたいところではありますが、現在進めている第一弾のアイデアのリリースに向けてチームメンバーの一員として絶賛邁進中でございます。

さて、Zabutonで初めてのblog投稿ということで、何か記念にいいことでも書いてみたいと思います。

一昨年、兄の勧めで読んだ書籍に百田尚樹作の「海賊と呼ばれた男」という本があり、その話を交えながら今の心境の話をしたいと思います。

その本の舞台は戦前・戦後の日本。いわゆる大正・昭和を舞台としています。その時代を描写した映画や本はいくつか観たり読んだことがありますが、この本からはタイトルとは想像もつかなかったことですが、当時、日本の商店から始めた小さい会社が成長していき、世界を相手にしたビジネスの戦いに挑むという、非常に参考になる組織・経営哲学を学ぶことができました。日本はいまでは世界指折りの先進国であり、その証拠にGDP上位国であります。戦後からの復興、高度成長を支えてきた労働には頭が下がりますが、この本の主人公のモデルである出光興産の当時社長の出光佐三さんはアメリカや世界各国の圧力や上手い口には乗らず踊らず、攻めにせめて当時の世界地図(実際の地図ではなくシェア争い)を変えるべく日々精進し、それについてくる社員に対しても同じ精神を教えこんでいました。彼の人柄に、読み進めていくにつれ、どんどん惚れ込んでしまいました。

一つ印象的なエピソードとして、「日章丸事件」として世に知られている、奇襲のような石油タンカーによる石油輸送を実行します。イラン国と出光が直に契約を交わし、諸外国が注目する中、はるか遠くの国から日本へ石油を運びきります。日本に到着した後もイギリスを中心とする国の圧力を受け裁判となりますが、出光側の正当性が認められ、勝利を手にすることになります。その大きなリスクを負いながらも、自分たちが正しいと意味のあることをやり遂げる行動力・決断力は彼一人だけではなく組織全体の力の結晶と言えるでしょう。

その本を読み終えた時(彼らの存在と成し遂げたことを知った後)、日本にはかつてこのような人が居たのかという誇りと、彼のような世界に立ち向かう組織をどうやったら築けるのか?という関心が残りました。

そして今。株式会社zabuton。

まだまだ始まったばかりの会社です。どんな事でも始まりは小さいのです。彼らの商店はもっともっと小さい商店だったかもしれません。彼らを超える団結力と勇気、そして正しいと信じることへの行動力。それを忘れなければ、彼らのように飛躍していき、世界中の人の生活を豊かにしていくことができるのです。

私達Zabutonのビジョンは、世界に挑む、世界に認めてもらえるサービスとプロダクトを生み、そして育み、提供し続けること。そして世界を代表する唯一無二の組織力を持った企業へと改善を重ねながら築きあげていくことです。

挑戦を止めない、延々と改善し続けていきます。

皆さんからのご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願いします。