Zabuton

社是

zabuton社是

<解説文>

私たちは何のために生を受けたのか?

誰かが決めたようなレール・ルーチンに乗り、それをただこなしていくのではなく、自分は常に人生の主役とし、自らが発して決めた正しいと思う道を、社会の為に常に新たに創っていくためだと考える。つまり、世の中に対して、唯一無二の価値を創り続け、それをいち早く提供し、そして寄り添い、周囲を最高の状態にするため、我々が存在すると考えよう。

では、私たちは何のためにその道を新たに創り続けるのか?

第一に、世の中全ての人に対して、彼らの助けになる為。彼らの苦痛な事・取り去りたい課題をいち早く解消をすること。
第二に、我々のサービスを通じて、彼らに喜びと幸せを提供するため。彼らがより快適になることで、日々の仕事・生活において感動と楽しさ、喜びに満ちあふれた最高の状態にすること。
第三に、社会、周りの皆、同僚、家族に感謝するため。常に、私たちは周りの方々のお陰で生かされていることを認識し、日々感謝すること。感謝をアウトプットとして表現すること。

世の中の人とは?

我々が提供するIT技術やITサービスを直接使うお客様はもちろん、それだけではなく、技術・サービスをご利用頂いたお客様を通じて作用される全ての人、または私たち社員、関係者、取引先、またその家族全てと考える。

最高な状態とは?

人は幸せ、喜び、感動を感じた時に、人としてのパフォーマンスを100%以上出すことができる。私たちは、世の中すべてを最高にして、世の中で働く・生きている人に最高の社会・人生を提供することである。

自分が最高になったことを想像してみよう。どのぐらいのパワー、パフォーマンス、素晴らしい気持ちになるだろうか。いままでに得た最高の状態以上になったとしたらどうだろう。それを周囲の人、世の中の人、お客様、同僚、家族に対して出来たならば、どんなことができるだろうか?他人の喜びや幸せを自分の喜びや幸せとして考える人となり、組織となり、それを想像し、創造しよう。

Zabutonの由来

 Zabuton.
座布団(ざぶとん)とは、床や畳の上に座る際に、臀部、膝、脚の下に宛がう調度品(Wikipediaより引用)のことを言い、日本のほとんどの和室の多くに見られます。座布団の由来は鎌倉時代まで遡り、元来より、座布団は権力の象徴して用いられ、それが現代となっても来客者に対して必ずといっても良いほど用いられています。このように座布団は心地よさと礼を示し、人と人とが円滑にコミュニケーションする場を整える役割の一つを担っていました。近年、日本人の生活スタイルに欧米化が入り込んでいるため、本来の座布団を使う場面が減っています。

 しかし、人と人とのコミュニケーション量はIT技術の進化により増大し、複雑化し、さらにグローバル化しているのも事実としてあります。この単純ではない形で情報が行き交う社会の中であったとしても、人や企業、組織は礼を示し、ビジネスを円滑にすすめることが求められています。

 私達、Zabuton Inc.は、エンタープライズ向けのIT、AI技術に特化し、顧客企業に飛躍的な成長と、驚くようなエクスペリエンスを提供していくため、2016年2月に横浜で創業を開始しました。横浜の風光明媚な土地、みなとみらいに本社を構え、この国際都市の立地を活かし、日本のみならず、世界へのサービス展開をしていく所存です。

 日頃、お客様、社会、周りの方々から生かされるいることを感謝し、社会、顧客、ユーザの喜びと幸せが自分たちに取っての幸せだと考え、行動し、銀河一「ありがとうございます」を言われる企業を目指していきます。今後のZabutonの活動に是非ご期待ください。

zabu-tate

株式会社zabuton
代表取締役 北野 弘治

 

Member of Zabuton Inc.

代表取締役 北野弘治

kitano

プロダクトマネージャ 矢納正浩

 yanou

会社概要

 商号 株式会社zabuton
Zabuton Inc.
 本社 〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目6番1号 みなとみらいセンタービル11F 株式会社アットウェア内
 役員構成 代表取締役 北野 弘治
監査役 牧野 隆志
 資本金 888万円
 設立 2016年2月10日

 サービス
取扱商品

Zealup – 優れたチームワークを育むための目標管理ツール
Koyomin – スケジュール調整 AIアシスタント
AI秘書ドアーズ – AIを用いた労務相談・人事相談サービス

交通アクセス

神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目6番1号 みなとみらいセンタービル11F
みなとみらい線 みなとみらい駅下車  4番出口 より徒歩3分


 

お問い合わせ

Zabuton Inc.への問い合わせは以下のフォームからお願いします。